BLOG

7月14日から16日までの3日間、札幌芸術の森で「kidsアート×木育ひろば」が開催され、当倶楽部では木育ひろばを受け持ち、小さなお子さんを中心に木製の遊具などで遊んでいただきました。


木製遊具は、道庁からお借りした「きぼうのプール」、スギで作られた積木「スギックモック」、

そして、当倶楽部で制作した「森の釣り堀」。

さらに削り馬に跨って木を削る体験していただきました。

スギックモック

きぼうのプール

森の釣り堀

削り馬


子どもたちはとにかく行動的。遊具をふんだんに使って遊んでくれましたが、その中でも「木を削る」体験には順番を待ちながら参加していただきました。

伐って間もない木は新鮮そのもの。切ると水っぽい木の幹に「梨のような甘い香りがする」とか「野菜みたい」なんて言う声が聞かれます。


ドローナイフを使って木を削る、たったそれだけの体験なんですが、最初は慣れない刃物の使い方も教えなくても上達しながら木を削ってゆく姿に子どもの感性を感じますね。



これまでにいろいろな木育のイベントが開催され、多くの方にお越しいただいているところですが、どうも大人の都合を子どもに押し付けていないか、完成させることにこだわっていないか、ずっと疑問のままに自分もイベント出展していましたが、この削り馬体験から少しずつその疑問が解けてきている気がしています。


もちろん年齢に応じた仕掛けは必要ですが、まずはシンプルに考える、達成したい目的に応じて。

仕掛けが複雑であればあるほど実は考える力は養われない。シンプルであるからこそ、考える力は養われるのではないだろうか。


彫刻家佐藤忠良氏が「子供の美術」に残したメッセージこそが木育に繋がっていることを再認識して木育を進めて欲しいと自分は願っています。

あっさりと嵌めてしまう人。なかなか嵌められない人。

今のところこのパズルを嵌められる人は、男性よりも女性のほうが優位かな。


必ずしもそうとは言えないでしょうが、それでは嵌められない人は何故嵌められないのでしょうか。


1つには、ピースとピースをくっつけて、いつまでもズルズル引きずって嵌めている人。

これでは、大きな一つのピースを作ってしまうため、かえって嵌めづらくなってしまいます。


もう一つの傾向としては、大小関係なく端からきちんと嵌めてゆく人。

ピースの大きさは様々なので、フレキシブルに物事を考えてゆかないと嵌らないのがこのお弁当箱パズルなんですが、端からきちんと嵌めると、残った葉っぱが絶対入らないスペースしか残っていないという結果になってしまっています。


物事をフレキシブルに考え、さらに入らない時は「おひざ送り」。これがこのパズルを解くコツかもしれません。


頭を柔らかくして個々の葉っぱを見ること。

とある会社社長さんは、「昇格人事の時に使おうかな?」なんて言う発言も飛び出し、このパズルの奥にある意味を理解してくれていたかもしれませんね。







6/30~7/1の2日間、むかわ町穂別の「むかわ木育の学校」で木育ファミリーの総会&木育カフェが開催され、多くの方々にシラカバ樹皮細工を楽しんでいただきましたが、私の活動紹介の場を設けていただいたので「葉っぱのお弁当箱」を皆さんにご披露しました。


何故このパズルを作ることになったのか、パズルの自分史を振り返りながら、これまでの経過、さらにこのパズルの目的やねらいを皆さんに聞いていただき、実際にこのパズルに触れていただくことに。


見た目は何の変哲もないパズルなんですが、いざやってみると全てのピースが嵌められない人が......

でも、早い人は何度も完成形を変えながら出来上がる。

これまでの統計では男性よりも女性のほうが完成までの時間は要しませんね。何故なんでしょう?

女性のほうが感性が豊か?お片付け上手?



シンプルな作りほど考える要素は増える。

まさにこのパズルの特徴かもしれません。


答えが一つでないパズルは木育カフェでも活躍してくれました。

出来るだけ多くの方にこのパズルに触れてもらう機会を増やしていきたいものです。

先日まで林業女子会@京都のメンバー、林材ライターの方と一緒に「林業・木育北海道キャラバン」に同行し、様々な方にお会いしながら、さらに100㎞ウォークに挑戦。

100㎞ウォークは残念ながら完歩出来ず悔しい結果。来年リベンジかな。


その話はさておき、現在木育というものの捉え方がはっきりしていないまま、その言葉が使われている中で、むかわ町での意見交換会や林業女子会のメンバーとお話ししながら、「木育」という言葉が人を引き寄せるキーワードになっていることを感じました。

確かに今までは森林に親しんでもらおうなどの目的で「森林環境教育」なんて言う言葉を使っていましたが、一般の方にはお堅く感じられたかもしれません。

木育という言葉が人と人、人と木や森を繋ぎやすいキーワードになるのかと思います。


ただ、現状の木育はどうか。

人と人を繋ぐことばかり意識していないかということです。ネットワークを大きくしていくことは重要ですが、極端に言えば身内のネットワーク作りだけでは肝心要の木育の目的を見失ってしまうということになりかねないかということ。


先日、林材ライターの方が木育というものがわからない、一体それがどんな意味を持つのか全く明確になっていないという疑問を持たれているというお話があり、自分が解釈している木育の目的やねらい、そしてそれに対応してきたアイテムなどを紹介してみました。



そして、その方からのご返事はこちら。

まさに木育に通ずる言葉、木育の目的やねらいを理解してくれたと感じました。

これが40年も前に書かれていたことにも今さらながら驚きでした。


林業業界や木育に関わっている人は全国でも少数でありながら、身内でもまだ浸透していない「木育」の目的とそのねらい。

木育は教育の一環であると自分は理解しているが、一方では木材利用のPR、広報活動としか思っていない人たちも少なくない。


きちんと木育の目的を理解し、自分の立ち位置を見定めながら、木育を推進して欲しいと思っていますよ。


先週末のイベントが無事に終了。

予定していた「お弁当箱」が全て売り切れました。

お越しいただいた皆さん、大変ありがとうございました。

葉っぱから木の名まえを覚えてもらったり、秋になったらどんな葉っぱの色に変わっていくかを図鑑を通して知ってもらいながら、自分の好きな色で葉っぱのピースに塗って、最後はお弁当箱に葉っぱを詰めてもらう。


あっさりお弁当箱に全ての葉っぱを詰めてしまう人、なかなか詰めることが出来なかったりする人。

このパズルの面白さを堪能してくれたと自分としては評価しています。


このパズルの効果とは?

それはこのパズルを制作された人にしかわからないかもしれません。

だから、木育は止められませんね。

6月に入って日もどんどん長くなり、初夏を迎えるにふさわしい気候になってきた北海道。

短い夏をしっかり楽しみたいものです。

イベントも本格的なシーズンイン。昨日、そして今日と木育のイベントに出展参加しています。


初登場!葉っぱのお弁当箱づくりは子どもだけでなく、大人にも楽しんでもらえるものですが、どうしてこのようなイベントになると年齢制限があるように感じられてしまうのが残念です。

でも、子どもたちが楽しんでお弁当箱を作ってもらっているので、こちらとすれば嬉しい限りですね。


今日もイベント開催です。

子どもたちの斬新的な色使い。そして、葉っぱをお弁当箱に詰める姿は実に可愛らしいです。

また今日もあの姿が見られると思うと嬉しくなっちゃいます。

実は大人もしっかりハマっていました。



今日もしっかり楽しんでもらわないとね。

今週末は道の駅花ロードえにわで木育のイベントが開催され、当倶楽部も参加します。

いよいよ、葉っぱのお弁当箱のデビュー戦です。



新感覚パズル形式の木育グッズ。

普段あまり気にしない葉っぱのことから木に親しんでもらうことも目的ですが、それ以外の効果も期待しています。

イチョウのパズルもトライしてみてください!


さて、どんなイベントになるか楽しみです。

週末、お時間のある方は是非いらしてくださいね。

いよいよ来週から「木の葉のお弁当箱」を使ったイベントが始まる。

子供たちがこのパズルに触れ、楽しんでもらえることを期待していますが、まだまだ始まり。

子供たちの姿を見ながら、今後の普及に向け、役に立てていきたいと考えています。


その中で新たなグッズ。

「木の葉のお弁当箱」ビッグサイズ。

イベントなどでの「顔」になってもらえれば良いかなと思っています。


是非こちらにも触れて楽しんでもらえれば。

こちらも目にしたら、是非声かけてやってくださいね。

パズルとは遊びの要素だけでなく、仕事の疲れを癒したり、新たな刺激を与えてくれる。そんな要素を含んだ万人が楽しめるゲームですね。


ようてい木育倶楽部が制作している木製フレキシブルパズルは、完成する姿は人それぞれで、競うという要素を含まずに、子供だけでなくあらゆる人に楽しんでいただけるパズルを提供しています。


特に新たな刺激という要素はこのパズルには強いかもしれません。

それは出来上がりがいつも違うからかもしれません。



一度このパズルに触れ、実際に嵌めてみるとわかるかもしれません。

これから様々なイベントでお会いできる機会や、もちろん購入も可能なので、是非このパズルの不思議さを体感して欲しいですね。

所要時間は人それぞれですが、それほど時間は掛からずに完成できます。


世界を席巻する日も近い???

わけはないですが、

競うことがない遊びを堪能してください。


新たな感覚で楽しめる木製フレキシブルパズルを制作販売していますが、今年、写真集や観察会などでブーム(この言葉はあまり好きではないですが)になったシマエナガもパズルの題材として取り入れ、只今、制作並びに販売をしています。


15羽のシマエナガを自分のお好みで配置できるこのパズル。

くねくねしたツルのようなピースも入っているので枠内に配置するのは難しくなっていますが、皆さんのお好みの配置にトライしてください。


価格は通常価格5,000円のところ、今月予約された方については4,000円でご提供しております。


森などでシマエナガを見つけることが難しくなるこの時期。

いつもそばにいてくれるシマエナガちゃんパズルが毎日微笑みかけてくれます。

是非、皆さんのところにおいて欲しい一品です。

よろしくお願いいたします!

今年は木の葉のお弁当箱を中心に木育を進めていきたいと考えている。 



このパズルは バラバラになったピースを枠に嵌め完成させる、というのは通常のジグソーパズルと全く同じですが、 

答えが一つでない

 というのは大きな違いでしょう。


通常のジグソーパズルは、仕掛け側が作成した完成図に対してバラバラになったピースを復元する、言わば仕掛け側の思惑のとおり完成させるという、右脳の活性化と言いつつも受動的なものである。 

しかし、木の葉のお弁当箱は制作者の完成図というものは存在しますが、

 木の葉のお弁当箱の完成図はパズルを嵌める人が描くのです。 



答えがいっぱいあり自分で描かなければならない、

すなわち、 能動型パズルというものになるのかな。  


今の世の中は受け身型で社会生活をしている、言わば依存型の社会。

 たとえ能動的に行動していると言いつつも、実は決まり事などの制約は多く、結局は他人の設計図の範疇でしか動けなくなってしまっているケースもあるのではないのでしょうか。


 自分で完成図を作る面白さ、様々な方法で完成できることを許容する力をこのパズルから学んで欲しいというのが自分の想いですね。


 やれ、〇〇のためには新幹線が必要だとか、ないのもねだりをすることが本当に目標のために最善なのか? 

このパズルがそんな疑問を常に持ち合わせる力のきっかけになればと願いたい。 

持続可能な社会に向けての……